アロマテラピーについて

アロマテラピーとは、「芳香」をあらわすアロマ(aroma)と「治療」をあらわすテラピー(therapy)を合わせた言葉です。
植物から得られる芳香成分を活用して心と体のバランスを整えていこうという健康法の事を意味します。

アロマテラピーでは、主に芳香植物から抽出したエッセンシャルオイルを用い、嗅覚を通してリラックスしたり肌に塗る事で有効成分が体内に取り込まれたりします。

エッセンシャルオイルは、ハーブなどの直物の葉、花、果皮、樹皮などから抽出されるオイルで、植物により芳香物質や有効成分が異なってきます。

アロマテラピーで用いるエッセンシャルオイルは、原則として純度100%のものを指すので、「100%Pure & Natural」や「Pure Essential Oil」と表示されているエッセンシャルオイルを選ぶのが良いでしょう。

古来から利用されてきたアロマテラピーで、ゆったりとした癒しの時間を過ごすのも良いですね。



←美容と健康の知識へ
(C) 美人への道