グルコサミンについて

グルコサミンは天然アミノ酸の一種です。
蟹や海老の殻などにキチン質として多く含まれているそうです。

グルコサミンは、動物や人の体の軟骨や結合組織などに分布しており関節部分の細胞の新陳代謝に重要な役割を果たしております。
「関節の修復剤」とも呼ばれているそうです。

また、軟骨細胞を刺激して軟骨の生成を促進したり、関節部分に必要なヒアルロン酸、コンドロイチン、プロテオグリカンなどの原料にもなります。

グルコサミンは、もともと体内で作られている成分ですが、加齢などにより代謝が追いつかなくなると関節部分のグルコサミンが不足してきます。

グルコサミンが不足してくると、関節部分の新陳代謝がうまくいかなくなるので、肘、腰、股関節、膝などの関節部分に痛みなどの症状が出てきます。

グルコサミンは、ヨーロッパでは従来から関節炎の治療薬として用いられてきていますが、最近では日本でもグルコサミンのサプリメントなどが出ていますので、グルコサミンを補給してみてはいかがでしょうか。



←美容と健康の知識へ
(C) 美人への道