ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸とは、皮膚、へその緒(臍帯)、目の硝子体、関節液など、人の体のいたる所に存在するムコ多糖類の一種だそうです。

ヒアルロン酸は、皮膚を構成しているコラーゲンとエラスチンの隙間を埋める働きをしており、肌の柔軟性や弾力性を保っています。

保水力に優れており、わずか1gで6000倍の6リットルもの水分を保水する事ができると言われています。

しかし、ヒアルロン酸は加齢とともに減少していってしまい、赤ちゃんが100とすると、30歳で65%、40歳で50%、50歳では45%までに減少すると言われているそうです。

加齢により肌にヒアルロン酸が少なくなると、肌の弾力やみずみずしさが失われ、肌のシワやたるみにつながっていくのです。

サプリメントとして食べるヒアルロン酸などが出ていますし、美容整形の分野でもプチ整形として、ヒアルロン酸注入によるシワ、タルミの改善や鼻を美しくする隆鼻術が行なわれていますね。

肌のハリ、弾力、シワなどが気になり始めたら、ヒアルロン酸によるプチ整形やヒアルロン酸を含んだサプリメントの摂取などで、いつまでも若々しく魅力的でいていきましょう。



←美容と健康の知識へ
(C) 美人への道