不妊症について

不妊症とは避妊をしていない状態で普通の夫婦生活を営んでいても2年以上妊娠しない状態を言います。
女性の体はとても複雑でデリケートなのです。

一口に不妊の原因と言っても卵子の育ちが悪い卵巣の異常やきちんと卵子が育っても飛び出していけない排卵障害、卵管が狭かったり癒着してして卵子が子宮まで行けない卵管の障害、受精はしても子宮筋腫や子宮内膜症などにより、子宮の状態が不十分なために着床できない着床障害など、様々な原因が考えられます。

一方で男性側の原因としては、勃起障害(ED)による性交障害や射精障害、性交は問題無いけれど精子の動きに問題がある精子無力症、精子の数が少ない乏精子症、全く精子がいない無精子症などが考えられます。

不妊が女性側の機能的な問題であれば、医師の指導の下で適切な治療を行なう必要があります。

不妊が男性側の勃起障害(ED)による場合は、機能的な問題なのか精神的な問題なのかを的確に判断して、それぞれの専門医の下で治療を行なう必要があります。

不妊が精子の問題である場合は精子の数や動きの活発さによって治療方法が異なってきますので、医師とのコミュニケーションを十分に取って、最も良いと考えられる方法を選択するようにしましょう。

病院を選ぶときなどは、何でも聞ける雰囲気の医師で、聞いた事に対して的確な答えを返してもらえるかをしっかりと見極めて、納得できる病院を選ばれるのが良いでしょう。

不妊の原因が一方または双方にあったとしても、相手を責めるのでは無くお互いにいたわりの気持ちを持って協力する事が大切ですね。



←美容と健康の知識へ
(C) 美人への道