フラバンジェノールとは

シトルリンとは、サプリメントや医薬品成分として海外では使用されていましたが日本では2007年8月の厚生労働省通知により初めてサプリメントなどの食品素材として扱えるようになった成分です。
遊離アミノ酸というアミノ酸の一種になります。

フラバンジェノールとは、フランス南西部に生育する海岸松の樹皮から抽出された天然のポリフェノールの一種であす。

OPC(オリゴメリック・プロアントシアニジン)を多く含んでいます。

フラバンジェノールは、酸化を抑える抗酸化力に優れており、その抗酸化力はビタミンCの約600倍とも言われています。

フラバンジェノールの抗酸化力は、老化やお肌のしみやくすみの生成など、女性の美容や健康にとって大敵である活性酸素による体の酸化を抑える働きをします。

フラバンジェノールには、血管保護や血流を良くする働きもあるとされフランスでも血管保護に役立つ医薬品として使用されています。

フラバンジェノールの活性酸素により体の酸化を抑制する働きと、血管の保護や血流を促進する働きにより、お肌のしみやくすみ目の下のくまなどのトラブルの改善が期待できるそうです。

フラバンジェノールの抗炎症作用、紫外線によるダメージからの皮膚保護、コラーゲンの保護・合成促進作用などの研究もされており、フラバンジェノールは女性の美容と健康の分野で、ますます活躍されていくそうです。



←美容と健康の知識へ
(C) 美人への道