インプラントってなに

インプラントとは、歯周病、虫歯、事故などで抜けてしまった永久歯の代わりにフィクスチャーと呼ばれる人工の歯根をあごの骨に埋め込み、その上に義歯を装着する歯科療法のことです。

永久歯が抜けたままになっていると、他の歯の位置がずれてきて噛み合わせが悪くなったり、発音に障害が出てきたり、見た目も美しいとは言えません。
健康面からも美容面まで良くありません。

インプラントの材質としては、チタンが一般的に使われていますがジルコニウムを使う場合もあるそうです。
あごの骨に埋め込むのが基本となる為、骨が薄い時はオステオトーム法、サイナスインパクション、ウィンドウテクニックなどの方法で骨の部分を増やしてからインプラントを行なう場合もあります。

一般的なインプラントの手術では、歯肉を切開してフィクスチャー(人工歯根)をあごの骨に埋め込む手術を行ないます。
そしてフィクスチャーが本人の骨と結合する期間(約3ヶ月〜半年)をとります。

フィクスチャーと本人の骨が結合した後、フィクスチャーと義歯をつなぐアバットメントという接続部材を装着する為に再び歯肉を切開して手術を行ないます。

インプラントでは2回の手術を行ないますが、専用の器具を用いて歯肉を切開せずにインプラントを行なうフラップレステクニックという方法もあります。

フラップレステクニックは歯肉を切開せずに行なわれるので、高度な技術が必要とされるので施術前には実績のある歯科医院や歯科クリニックのもとで十分なカウンセリングを受けるようにした方が良いでしょう。

インプラントにかかる費用についても、インプラントの材質、施術方法、義歯の仕上がり状態によって違ってくるので、トラブルを未然に防ぐように事前のカウンセリングをしっかりしておきましょう。



←美容と健康の知識へ
(C) 美人への道