更年期とプレ更年期

女性は加齢とともに卵巣の働きが衰えてきて、卵巣から出ている卵巣ホルモン(エストロゲン)の分泌が少なくなってしまいます。

女性の閉経の平均年齢は約50歳と言われており、その前後の約10年間(40〜60歳前後)を更年期と呼ばれています。

更年期になると卵巣ホルモンの分泌をなんとか回復させようとして脳の下垂体から性腺刺激ホルモンが多量に分泌されるようになります。

このため体内のホルモンのバランスが崩れたり自律神経が刺激されたりして更年期特有の症状が出てくるようになります。

更年期特有の症状としては、ほてり、のぼせ、多汗、腰痛、頻尿、イライラ、頭痛、めまい、疲労感、耳鳴り、月経異常、性交痛などの様々な症状があります。

更年期は加齢による自然な現象ですが、最近ではまだ更年期の時期では無い20代や30代で、ハードな仕事やストレス等から卵巣機能が低下して更年期と同じような症状の出る「プレ更年期」の存在が知られるようになってきました。

更年期やプレ更年期を元気に過ごすにはバランスの良い食事や規則正しい生活をする事です。
そしてストレスを溜めないようにする事も大切です。



←美容と健康の知識へ
(C) 美人への道