脳卒中と脳梗塞の違い

脳卒中と脳梗塞は名前が似ていますが、脳卒中が、脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血の総称なのです。

脳卒中の内、以前は脳内の細い血管が破れて出血する脳出血が多かったのですが、最近では、脳内の血管が細くなったり血栓が詰まる事によって脳に酸素や栄誉が運ばれなくなるために脳の細胞が障害を受ける脳梗塞が増えています。
脳梗塞はスポーツをして体を鍛えていても油断ができない病気です。

脳梗塞には、ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳梗栓症などがあり、脳内の血管の太さや血栓のできる場所によって脳梗塞が分類されています。

ラクナ梗塞は、脳内の細い血管が高血圧などで狭くなって詰まるタイプの脳梗塞で、日本人に多いタイプの脳梗塞とされています。

アテローム血栓性脳梗塞は、脳内の太い血管が動脈硬化(アテローム硬化)で狭くなり、血管が狭くなった場所に血栓ができて血管が詰まるタイプの脳梗塞です。

アテローム血栓性脳梗塞は動脈硬化の原因となる高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を予防する事が大切になります。

心原性脳梗栓症は、脳内の太い血管が心臓でできた血栓によって詰まるタイプの脳梗塞です。

心原性脳梗栓症は、脳内の血管では無く心臓のほうに問題があり不整脈の一種である心房細動によってできる血栓によるものが多いとされています。

脳梗塞になった場合は、早急に脳内の血管の詰まりを解消して脳内の細胞に酸素や栄養を届ける必要があります。

脳梗塞の主な症状としては、片方の手足や顔がしびれたりマヒしたりする、言葉が出なかったりロレツが回らない、フラフラしたり歩けなくなる、片方の目が見えなくなったり物が二重に見えたりするなどの、様々な症状があります。

脳梗塞の症状が見られた場合は早急に病院で検査を受け、脳梗塞と判断された場合は、血栓を溶かす薬、血液を固まりにくくする薬、脳を守る薬、脳の腫れやむくみを抑える薬などで、できるだけ早い治療を受ける事が肝心です。

脳梗塞の予防としては、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病にならないような、塩分や動物性脂肪分を減らした食事や適度な運動を心がける事や、喫煙、多量の飲酒、人間関係によるストレスなどの、体に負担をかける要因を取り除いていく事が重要です。



←美容と健康の知識へ
(C) 美人への道