卵巣がんについて

卵巣は排卵以外にも女性らしい体つきに関係している女性ホルモンを分泌している女性にとって大切な器官でもありるのです。

卵巣がんはこの重要な卵巣にできる悪性腫瘍(がん)ですが、自覚症状が出にくくサイレントキャンサー(沈黙の腫瘍)とも呼ばれているそうです。

卵巣がんは自覚症状が出にくい事から早期発見が難しく検査や治療が遅れぎみになる事が多い悪性腫瘍(がん)なのです。

卵巣がんで現れる自覚症状としては、背中や腰に痛みを感じる、少量の食事でも満腹感を感じる、頻尿や便秘ぎみになるなどの、卵巣とは直接関係無いような症状が多い事も、早期発見を難しくしている要因のひとつです。

卵巣がんは、自覚症状が出てから治療が始まった頃には進行している事が多いようで、卵巣がんに対する基本的な治療方法は、手術による卵巣や子宮の摘出となるようです。

その他には卵巣がんの治療方法として、抗がん剤による化学療法やX線の照射による放射線治療があります。

卵巣がんは比較的、抗がん剤が効きやすい悪性腫瘍(がん)なので、タキソールとカルボプラチンを用いたTJ療法やタキソテールとカルボプラチンを用いたDJ療法が行なわれ、脳に悪性腫瘍(がん)が転移した時以外は、以前に比べて放射線療法は行なわれなくなってきているそうです。



←美容と健康の知識へ
(C) 美人への道