レーシックってなに

レーシックとは、眼鏡やコンタクトレンズなどの視力矯正が必要な人の視力回復を目的とした角膜屈折矯正治療のことです。

レーシックには、ケラトームレーシック、イントラレーシック、レーゼック(ラセック)、エピレーシックなどの様々な方法があります
一般的には、ケラトームレーシック、イントラレーシックによる角膜屈折矯正治療が行なわれています。

ケラトームレーシックもイントラレーシックも、角膜を薄く削ってフタ(フラップ)を作り、露出した角膜の実質層部分にエキシマレーザーを照射して角膜の屈折率を変えて視力を矯正します
カンナ状の刃(マイクロケラトーム)で角膜を切断してフラップを作るのに対して、イントラレーシックではイントラレーザーで角膜を切断してフラップを作ります。
マイクロケラトームによる角膜の切断を行なうために角膜に微細なスジが入り、夜間に光の周囲にぼやけた部分が見えるハロと呼ばれる現象が起きたり、フラップのエッジが斜めである事による、フラップのズレやシワが生じる事があります。

イントラレーシックではイントラレーザーによる角膜の切断なのでフラップ面がきれいである事、フラップのエッジが直角なのでフラップのズレやシワが生じにくいというメリットがあります。
最近になって導入された方法なので長期的な確認がとれていないという面があるそうです。

レーシックの方法を選ぶときは、各個人の視力矯正の度合いや角膜の厚さなどによって異なりますので、レーシック手術の実績が多いクリニックでカウンセリングをきちんと受けてからレーシック手術を行なうようにしましょう。



←美容と健康の知識へ
(C) 美人への道