リフレクソロジーって

リフレクソロジーとは、「reflex:リフレックス(反射)」と「logy:ロジー(学問)」を組み合わせた造語で反射学という意味を持っています。
略してリフレと呼ばれる事もあります。

リフレクソロジーは、体の先端にある、手、足、顔、耳には全身の器官や臓器が反射投影されており、その「反射ゾーン」を指で刺激する事によって血液やリンパの流れをスムーズにして人間が持っている自然治癒力を本来の状態に戻すという考えを基本とした健康法です。

リフレクソロジーは一般的に、東洋式と西洋式に分かれています。

東洋式のリフレクソロジーは指の関節を使って行われるので強い痛みを伴うことが多いそうです。

西洋式のリフレクソロジーは主に指の腹を使ってソフトなタッチで行われるのでリラクゼーション効果が得られるとされています。

リフレクソロジーが主に行われるのは、「第二の心臓」と呼ばれる足が多く、血液やリンパの流れがスムーズになる事からむくみや冷え性に対する改善が期待されています。

肌と肌が触れる事によるタッチセラピー的な癒しの効果でリラックスできるとも言われています。

リフレクソロジーは、ストレスが多い現代社会での最適な癒しと健康方法とも言われています。



←美容と健康の知識へ
(C) 美人への道