子宮がんについて

子宮にできる悪性腫瘍(がん)は子宮がんと呼ばれます。
子宮がんは子宮頸がんと子宮体がんに分けられるようです。

子宮頸がんは、子宮の入り口にあたる子宮頸部にできる悪性腫瘍(がん)で、膣側からの視認や細胞の採取が容易なので、比較的早期発見が可能です。
子宮頸がんの検査としては、子宮頸がんの有無を調べる細胞診があり子宮頸部の細胞を綿棒などでこすって採取して、細胞に異常が無いかを検査します。

子宮頸がんの治療は、子宮頸がんが早期の状態であれば子宮頸部の円錐切除だけでよく、子宮そのものは温存できるので、その後の妊娠も可能なのです。

しかし、子宮頸がんが進行してしまうと、子宮や卵巣などの摘出も必要となり、妊娠できなくなってしまいます。
定期的に子宮頸がんの検査を受けて、早期発見に努める事が大切です。

子宮体がんは、子宮の内膜にできる悪性腫瘍(がん)です
子宮内膜がんとも呼ばれています。

子宮体がんの細胞診も、子宮頸がんのように膣側から子宮内膜を採取する為の医療器具を子宮内に入れて、子宮内の細胞を採取します。

子宮体がんの自覚症状としては、月経とは関係のない時期の出血、排尿時の違和感、骨盤周辺の違和感などが挙げられます。

子宮体がんは子宮頸がんに比べて、自覚症状が現れやすいがんですが、手術による子宮の摘出が主な治療方法となってしまいます。
妊娠を望まれている方には注意しなければならないがんですので、定期的な検査による早期発見を心がていくようにしましょう。



←美容と健康の知識へ
(C) 美人への道