脂肪吸引とダイエットの違い

ダイエットは食事制限や運動をしてカロリーを消費する事により痩せようとするのに対して、脂肪吸引とは脂肪そのものを取り除く事によりスリムな体型にします。

ダイエットで痩せた場合は脂肪細胞が小さくなったという事であり脂肪細胞が減った訳ではないのです。
そのため気を抜いてしまうと脂肪細胞が元の状態、場合によっては元よりも大きくなってしまうリバウンドの可能性もあります。

ダイエットに比べ脂肪吸引の場合は、脂肪細胞そのものが無くなる為にリバウンドがおきにくいとされています。

ダイエットの場合は、体重は減ったのだけどバストも小さくなり肝心のお腹や下半身はそのままだったというような方もいらっしゃいるそうです。

脂肪吸引は気になる部分の脂肪だけを減らす事ができるので、ダイエットのように「胸まで小さくなった」というような事はありません。

脂肪吸引を行った脂肪を胸に注入して、バストアップをする「脂肪注入法」という豊胸手術を同時に行える美容クリニックもあるそうです。

脂肪吸引も「チューメセント法」や超音波を利用して脂肪の吸引効果を高めた方法の開発により安全性が高まり、現在では多くの美容クリニックで脂肪吸引が行われています。

脂肪吸引は、ただ痩せるだけではなく理想のプロポーションを手に入れたいとお考えの方には、最適の方法でしょう。

脂肪吸引を行なう前には、まず無料の相談やカウンセリングを行っている場所で診断を受けてましょう。



←美容と健康の知識へ
(C) 美人への道