ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、漂白剤を使用し本来黄色がかっている歯の色を真っ白にすることです。

虫歯の進行が深い為、歯の神経を抜いたあとの歯は、本来の美しい色を失い、黒ずんだ色へ変化してしまいます。
そういった歯を美しく保つためにホワイトニングという手法が注目されているのです。

昔は歯を削ってプラスチックやセラミックで覆う治療法しかありませんでした。
しかしアメリカ生まれのホワイトニングの誕生で女性だけでなく、男性にも広がっています。

ホワイトニングで白い歯を手に入れられることできるのです。
歯が変色しているために、どことなく自分に自信がもてない人、歯を見せて思いっきり笑う事が出来ない人にとっては明るい自分を手に入れる良いチャンスとなるでしょう。

ホワイトニングはこれまでの歯の治療に比べどういった点が優れているのでしょうか。
まず歯を削ることなく施術可能です。
短時間で、何度も施術可能、そして色調や明度が調節可能です。
さらに長期にわたり器具を装着するわけではないので2次的な虫歯になったりはしません。

これらホワイトニングのメリットが多数存在する一方で、ホワイトニング治療を行うリスクやデメリットというのも念のために抑えておかなければなりません。
メリットばかりがもてはやされる昨今ですが、責任をもって行いましょう。

ホワイトニング治療を行うことにより、一部の場合を除き歯本来の白く健康的な美しい色を取り戻します。

歯が白くなるということは、会話する相手にも好印象を与えるだけでなく、何よりも自分が生まれ変わったような間隔さえ覚えるようです。

歯の色が少し濁っていたり、黄色がかっているだけで、そのことが気になって自然に笑顔が作り出せない方も多いようですね。
そういう意味でホワイトニングは、精神衛生上の効果も見込めると言えるでしょう。

ホワイトニング治療は基本的に、歯の表面であるエナメル質の隙間に浸透した汚れ(色素)と薬剤が分解することで発生する酸素と結びつくことで無色透明化を促す仕組みを活用しています。

過去病気をして抗生物質であるテトラサイクリンなどを服用した場合にエナメル質の内側にある象牙質に変色をもたらした場合などはホワイトニングの効果が弱いということを一方では知っておく必要があります。



←美容と健康の知識へ
(C) 美人への道